熱血英会話の先生へ 外国人と日本人の先生は最強パートナー!

熱血英会話の先生へ 外国人と日本人の先生は最強パートナー!


おはようございます。

英会話教室コンサルタント、船山直子です。

現在は家族とともにシリコンバレーに住み、ダブルサポート英会話レッスンを主宰。

英語教室主宰の先生方の、時間のよゆう、お金のよゆうを生み出すサポートをしています。




今日は、英会話教室主宰の先生たちのために始まったサービス、

ダブルサポートレッスンのお教室活用例について、ご紹介します。




こんなお悩みはございませんか?




・そんなにたくさん生徒さんがいるわけじゃないのに、手が回らない!

・とにかく、いつも時間がない!

・それなのに、思うように利益があがらない!

・楽しいし、充実しているからどんどんやりたいことが増える!




つまり、時間もお金も余裕がない、という英語の先生が

たっくさんいらっしゃるんです。

お月謝の設定を考えるとき、ご自身がどのくらいの時間を

このお仕事にかけるか

考えていらっしゃいますか?

どうしてご自身のことを考えないといけないか、というとね、

英語の先生も、ご自身の英語力をブラッシュアップさせたいですよね。

新しいITツールを使いこなさないといけないとき、

発信の仕方を習いたいですよね。

お教室で使う新教材を、お金を理由にケチりたくないですよね。

お教室をより良くしたければ、

時間もお金も必要なのです。




このW(ダブル)サポートレッスンでは、ご自身の英会話教室の生徒様に

外国人の先生レッスンを受けていただくことができるサービスです。




このレッスンを導入し、最大限ご活用いただくことで、

ぜひ、先生方が余裕を手にしてくださいますように。

そして、継続できるお教室づくりの一助となれますように、

心から願っています。




英語の先生Wサポートプランへのお問い合わせはこちらから








こういった方が対象です。

☑ 英会話の教室を主宰されている方
☑ これから英会話教室をはじめたいと考えていらっしゃる方









英会話教室を主宰されている皆さんへ




英会話の先生をされている方ってね。

ご自身ですべてを生徒さんに教えられるようにならないと!って思われていませんか?

そのために、お教室を始めてからも、いろんな資格取得に奔走されたり、自らも切磋琢磨にラジオを聞いたり、英字新聞やTIMEなどを読んだり、

TOEICを受けられる方も。

それもね、もちろん大事なことですよ。

私も切磋琢磨に自分のスキル磨きはしているつもりです。

でもね、自分ですべてやる必要はない!と私は断言します。

人に任せることなんてできない、という方もいらっしゃいますよね。








でもね、人に任せないとできないこと、任せたほうがいいこともあるんですよ




任せることから、こんなことができるようになります。

・生徒の弱点がピンポイントで見える!(外国人レッスンを録画で確認できます)
・ご自身のレッスンでは、生徒により適したプログラムをつくることができるようになる 
・外国人レッスンを導入することから、お月謝を見直すことができる。




さらに、生徒さんたちに、日本が通じない緊張感を与えることができます。




生徒さんに英語を教えるとき、
生徒さんが先生の英語を理解していない時

・「これは英語でなんて言ったらいいんだろう?」
・「こういいたいけど、言葉が出てこない」

って生徒さんは、悩むよりも前に、日本語で「先生、○○って英語でなんていうの?」
と質問されますよね?

いいんですよ。それが普通です。

でも、私たちが日本語をわからなければ、生徒さんはもっと悩んで何とかしようとすると思うんです。

この何とかしようとする姿勢、言語を習う人たちにはものすごーーーく必要でしょ?

その何とかしようとする気持ちを掻き立ててくれるのが、日本語がわからない、日本人以外の先生だと思うんです。

この観点から、外国人の先生を雇いたい、と思われる個人教室の英語の先生は少なくないと思います。




お問い合わせはこちらから









日本人の英会話の先生がやりがちなこと




息子が3歳でハワイに親子留学をしていた際、プリスクールの先生がね、

入ったばかりの息子に、日本語を少し話すようにしてくれてたことがあるんです。

「大丈夫、大丈夫」とか、「歌うたおうね」とかその程度ね。

ハワイアンの先生でしたが、ハワイはやっぱり日本人や日系の方がとても多いし、日本語が身近なのです。

まだプリスクールという環境に慣れない息子を見て、「日本語を言うと気持ちが落ち着くかも」とやってくれたんだけどね。

親としては、どう思います?

「いやいやいや、それだと、ハワイ来てる意味ないですやん!」って思いますよね。

英会話のレッスンに通ってくださっている生徒さんたちもね、同じ気持ちだともいます。

日本語で質問して、それを英語の先生が理解して英語に直してあげる、

じゃ、

意味ないのですよ。

「私は日本語で聞かれても、日本語は使いません」という熱心な先生。

それでも、生徒さんの疑問に思われていることが分かるからこそ、導いてしまうことってありますよね。

レッスン中の会話を例に挙げて、説明させてください。




日本人の先生の場合

先生:Where did you go on Saturday?

生徒:えー、おばあちゃんち行った。

先生:Oh, you went to grandma’s house? Where is it?

生徒: 千葉

先生:Oh, Chiba? How did you go there?




とかになりますよね。




フィリピン人の先生の場合

先生:Where did you go on Saturday?

生徒:えー、おばあちゃんち行った。

先生: What? I went to ?? Where?

生徒:I went to …おばあちゃんってなんていううだっけ?→ママと調べる
grandma’s house.

先生:Oh, you went to grandma’s house? Where is it?

生徒: 千葉

先生:Chi, chiba? Is that the name of the city? Close to Tokyo?

生徒:Yes, it’s next to Tokyo.




上記のように、生徒さんが一生懸命考える時間が、日本語を話さない先生のほうが、たくさん生みだすことができます。

この一生懸命英語で何とかしようとする姿勢が、大切だと思いませんか?

なぜなら、実際に英語を話す状況では、この繰り返しだからです。

この体験、ご自身の生徒さんにさせてあげたい!って思いませんか?









ダブルサポートレッスンをどうやって活用できますか?




外国人とも英語で話す機会を、生徒さんに作ってあげたい!と先生方って多いんです。

私も、そうでした。
このレッスンスタイルが生まれたのは、昨年、コロナですべての親子留学が見送りとなり、

それでも英会話を続けながら、

留学に行ける日まで頑張る!と言ってくださった生徒さんたちに

何かできることはないか?と模索を始めたことがきっかけです。

でも、外国人の先生にレッスンに来てもらうって、どうしたらいいですか?

個別に採用するのもハードルが高いし、、。

お給料が高いと、雇うことができません。

とおっしゃる方に、お勧めしたいお得なサービスがダブルサポートレッスンです。

親子留学で通用する英語力、人間力を養うことをモットーにPePe ENGLISH SALONと、フィリピンの英会話センターがタックを組んでできあがったサービス。

それが、このダブルサポートレッスンです。








このダブルサポートレッスンを、あなたの英会話教室で取り入れていただくことができるんです。

ダブルサポートレッスンの、詳細はこちらからもご確認いただけます。

レッスンの特徴を、以下に書き出しました。




・プライベートスタイルのオンラインレッスン

・1コマ25分のレッスンです

日本人の先生とフィリピン人の先生二人が、一緒に一人の生徒さんを担任

・月に何回フィリピン人の先生、日本人の先生が担当するかは、自由に設定できます

・フィリピンの先生のレッスンは録画され、レッスン後すぐに生徒様にシェアされます

・シェアされた動画を日本人の先生が確認し、生徒様にレッスン後フォローメッセ―ジを送ります。

・生徒様は録画レッスンを何度も視聴でき、復習に役立てることができます

・また生徒様は、フォローメッセージにより、フィリピン人先生のレッスンでわからなかった部分をそのままにすることなく、理解を深めることができます

・フィリピン人の先生のレッスンは、朝7時ごろから夜10時ごろまで対応可能なので、お忙しい方にも柔軟にスケジュールをすることが可能

・フィリピン人の先生のレッスンは、当日レッスン2時間前までのご連絡で、振替が可能です

日本人の先生は、フィリピン人の先生の実践レッスンをフォローし、さらに生徒様の基礎をかためるレッスンをすることができます




いかがですか?

レッスンを受けて終わり!ではなくて、そのあとのフォローを大切にしています。

これによって、期待できること。



・次のレッスンへのワクワク感を高める
・レッスン以外でも英語を意識する時間を増やす
・英語力が伸びる


この日本人の先生の役割を、英会話教室を主宰されている、あなたが担うことができるんですよ。

特徴を記載した部分で、日本人の先生の役割は、太字で記載しています。

お問い合わせはこちらから









日本語がわかり、生徒さんのことをよく理解しているあなただからこそできる、先生の役割




他の先生と一緒に、ご自身の生徒さんを教えていきましょう!

というと、「え?私の生徒さんが、他の先生を好きになったりしませんか?」

と、心配になったりされますか?

「英会話を習うならどっちがいい?外国人の先生 VS 日本人の先生」とか、ネットで書かれていたりしますからね。

よく考えてみてください。

私たち日本人の先生と、外国人の先生のできることって違うのです。

私たちだからできることがあるんですよ。

ダブルサポートレッスンでは、日本人の先生の役割が、かなり大切です。








レッスンをコントロールするのは、日本人の先生なんです。

さきほど、日本人の先生の場合、フィリピン人の先生の場合の英会話をご紹介しましたが、

フィリピン人の先生の会話で、

千葉県について、「それは街の名前なの?東京の近く?」という質問がありましたね。

生徒さんは、「東京の隣にあります」としか答えていません。

これは、録画レッスンをシェアされた際に、日本人の先生が気づきます。

そして、フォローメッセージには、こんな風に書くんですよ。




・土曜日のことを聞かれたとき
Where did you go on Saturday?をよくりかいして、答えられましたね。おばあちゃんをgrandmaとよく調べました。すごい!

他にも週末によく行く場所はあるかな?次回のレッスンまでに2つ考えておいてね。

千葉県は、city nameではなくて、県の名前ですね。都道府県のことを英語では、prefectureと言いますよ。
ちょっと難しいけど、次回のレッスンで練習しようね。
next to Tokyoは大正解!!




フォローメッセ―ジは、次のようなことを盛り込むことをお勧めします。

・できたことを詳しく褒める
・誤解や間違いを訂正
・次回のレッスンまでの目標やちょっとした宿題

このフォローメッセージが、生徒さんたちに一番喜ばれています。

以前、なんとなく習い事を続けていませんか?という記事を書いたことがあります。

これは、まさに何となく英会話を続けなくて済む黄金法則なんです。

正しく褒めて、次のレッスンを楽しみにさせるマジック!

これがフォローメッセージ一つでできるんですよ。




メッセージはラインやメールなど、生徒様が見やすいツールでお送りします









私の生徒さんに適した先生にあたるかは、わかりませんよね ?








このサービスを主宰するPePe ENGLISHは、皆さんの大切な生徒様に適した先生を選出、ご紹介する責任を担います。

初期は、私自身も、皆さんの生徒様へのレッスンを確認し、当方が手配した先生が、生徒様のレベルや性格、年齢に応じ

生徒様にとって、適したレッスンができているか、常に確認いたします。

もしも、講師が適していない場合は、すぐに別の講師をご紹介します。

「先生が合わない気がするけど我慢する」ということは、ありません。

先生方は、ダブルサポートレッスンの講師や、レッスンで何か気になる点があれば、代表である船山直子に直接ご連絡を頂ければ、

私がフィリピンのセンター経営陣と交渉をしますので、安心して、生徒様にご活用いただけます。

現在、こちらのサービスは、ご入会金無料、初回3回同じ生徒様でお試しいただける3500円パックをご提供中です。

期間中にお試しください。









レッスンは1コマ何分になりますか?月に何回受講が必要ですか?




レッスンは25分が1回。

キンダーから小学生のお子様は25分がおすすめです。

中学生以上から大人の方は、50分で受講される方が増えています。

当校のレッスンをお一人の生徒様が月に何回受講しないといけないか、という決まりはありません。

次の活用例をご覧ください。




・月に4回、英会話レッスンを受けられている生徒さんが、そのうちの1回をフィリピンの先生にされる

・振替レッスンとして、必要な生徒様に活用する

・留学前や、夏休みや冬休みなどの長期休みの際に、まとめてレッスンを活用する

・先生ご自身のブラッシュアップに活用される

・先生のお子様の英会話レッスンに活用される









テキストは何を使いますか?




生徒様のレベルに応じて、フィリピンの先生に使用してもらうテキストはリクエストができます。

テキストは、画面シェアして使用されますので、購入される必要はありません。

また、使用を希望されるテキストがあれば、リクエストいただくことももちろん可能です。

私の場合ですが、小学生の生徒様には、事前にプログラム配分を以下のように伝えています。

あいさつ 3分
ゲーム/ビデオ/絵本 5分
メインレッスン(テキストを使う部分)15分
あいさつ2分

先生の理想とされる時間配分や、使用してほしい教材を事前にお知られ頂ければ、経験豊富な講師陣が期待に応えてくれますよ。









先生ご自身の学びの場になります




この方法を取り始めてから、私はたくさんの外国人の先生を指導するようになりました。

そこから、私自身の学びにつながっています。

講師の方々が、真剣に生徒さんに向き合っているところを見ることは、どんな講座や資格を受けるよりも学びになります。

ご自身が感じたことを、うまく私や外国人の先生に伝え、レッスンをさらに質の高いものにしていくことは、ご自身の英会話の先生スキルを高めます。

きっと、皆さんも、ご自身の生徒さんをほかの先生が教えている様子を見ることから、

「なるほど、こうやって教えると、生徒さんはこんな風に反応するのか」

って多くの気づきを得ると思いますよ。




料金はおいくらでしょうか?




熱血英会話の先生にこそ、ぜひ活用してもらいたい!

外国人の先生と一緒に取り組むレッスン。

一緒に取り組んでみませんか?

生徒様が直接PePe ENGLISHにお申込みいただく場合、1レッスン25分2,200円です。

ただし、英会話の先生の場合、当校は日本人の先生を割り当てる必要がありません。

その役割は、皆さんが担うことができるからです。

そのため、英会話教室の先生方への特別な料金体制を設けております。

こちらの料金はサイトには記載いたしませんので、お問い合わせくださいね。

そして現在は、先生方にお試しいただけるダブルサポートレッスンを3回(25分を3回)セット、なんと今だけの特別価格3500円でご用意しています。

この3回の活用の仕方は、こちら!




・25分/回の外国人の先生のレッスンを3回ご利用いただけます。

・効果をしっかりご確認いただくため、同じ生徒様に3回ご利用ください。

・外国人の先生レッスンを受けてほしい生徒様にご活用いただいてもOK

・ご自身のお子様や、先生ご自身がご利用いただいてもOK.

・レッスン後、私、船山と動画をそれぞれが見直し、生徒様へのアドバイスの方法を学んでいただきます。

・この3回のお試しレッスンの間に、生徒様へのご案内の仕方もお伝えします。

お問い合わせは、こちらから




最大限にWサポートをご活用いただくためのプラスのサービス









Wサポートを先生方に導入し始めて、こんなお悩みをいただくようになりました。




・生徒様に導入の際、どんなふうに説明するといいですか?
・導入にあたって、お月謝を再設定したいのですが、適した金額が分かりません
・フォローメッセージには、どのような内容が適していますか?
・外国人の先生にリクエストを出しているのですが、つたわっていないようです




こういったお悩みがどうして出てくるかというと、

ひとつには、お一人で対応されてきたことを

これからはチームで生徒様を伸ばしていくことになるからです。




そこで、こういったチームで働くお悩みを解決するために、
「先生のためのW.」をご用意しました。

このサポートの詳しい内容は、別途お問い合わせください。

シリコンバレーでの駐在生活や、バイリンガル子育て、親子留学最新情報はインスタグラムやラインで配信しています! 是非つながってください^^
Instagram
Add friend

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。