子供にあまり言わせないようにしたい英語フレーズ二つ!

子供にあまり言わせないようにしたい英語フレーズ二つ!


おはようございます。

親子留学がゴールの英会話教室講師、船山直子です。

現在は家族とともにシリコンバレーに住み、鎌倉の英会話教室を主宰しながら、シリコンバレー・ハワイの親子留学をサポートをさせていただいています。




さて、アメリカ現地校に通う4年生。

お兄ちゃんがこっちに来てから、やたら言うようになった言葉。

“Basically”

基本的には、、








これ、笑えるのがクラスメイトも、学校の親友たちも、みんなやたら言う(笑)

「これって、こういうことなの?」と何か説明求めると、必ず”Basically~ “と文章が始まる感じね。

と、まあ、これはよい表現。




使っていたって、嫌な感じしないから。




それ使うのやめなさい。と家で禁止しているもの。




1.”I know.”

これも、やたら言う。

「分かってる」って日本語で言うよりも、もっと軽い感じなんだろうけど、日本語だったら、「はい、でいいでしょ。」「わかってるならやりなさい」って言いたくなる感じね。




だから、我が家では禁止!最近は”I understand.”っていうようにしている様子。




2. “Whatever.”




これは、「別に」とか、「どっちでも」って感じかな。

宿題を見てたら、何か飛ばして書いてあったり、意味が分からなかったりしたときに「これって、こう書いたほうがよくない?」とママが言うと、

“Whatever.”

いらっときますよね。




シャツとパンツがあってないから、今日はパンツこっちにしたら?

“Whatever.”








こんなことを我が家でママに言おうものなら、「くぉらー!!誰に向かって、どの口が言った??」

と、なります^^




映画でもよく聞くし、言いやすいフレーズだけど、できれば使わないほうが良いい。と私は思います。




特にね、留学したてとか、日本に帰ったばっかりの若い子たちは、gonna(going to),とか、wanna(want to)とか、多様する時期がありますが、そういうときに、言ってしまいがちなこういうフレーズ。

気を付けよう!




オンラインクラスでは、アメリカの生活の紹介や、使いやすいフレーズについてもよくシェアしています^^



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です