小さな子供たちにもおすすめ!スタンフォード大ツアー

小さな子供たちにもおすすめ!スタンフォード大ツアー


こんにちは。

親子留学がゴールの英語教室講師、船山直子です。




今日は、絶対シリコンバレーに来る生徒さんたちを連れていきたい!スタンフォード大学についてレポートします。




皆さんは、ご自身の学校を一言であらわすと、どんな言葉を連想しますか?




先日、9歳の息子、親子留学中の生徒さん親子(娘ちゃんは1年生)と4人で参加した、Stanford University Walking Tour。




ツアーガイドは、現役のスタンフォード生。








今回私たちのグループは、3年生のデクスター君が案内してくれました。




面白かった!




スタンフォードの成り立ちから始まるお話は、その歴史や、建造物だけに終わらず、学校の文化などにも及びます。




イギリス出身のデクスター君が、なぜアメリカのスタンフォードに来たのか?




What brought you here from London?「どうしてイギリスから、ここに来たの?」と質問してみました。

そしたら、この自由な学問の校風を探していたんだそうです。

アメリカの大学ではよくあるのですが、大学に入ってから専攻をどんどん変えることができます。




スタンフォードはその枠組みが特に自由なんだそうです。








彼曰く、何か悩んだ時に、先輩や教授に”Please have a coffee with me.”とメッセージを送ると、相手には断る権利がなくて、必ず時間をとって相談にのってくれるんだとか。




彼は、今までに4回専攻を変えたんですって。




そして、気になる今の専攻は、Film & Media。先日は監獄での映像によるリハビリテーションのリサーチに参加してきたとのこと。




こういったチャンスも、教授から与えてもらえるらしいんですよ。




彼にとって、スタンフォード大学を一言で表すと、”Opportunities”なんですって。




9月からは、出身地であるロンドンでの映像に関するリサーチに参加するんですって。




嗚呼、私は大学の時、何をしてたんだ!とか、ちょっと思っちゃうけどね。




今回は2度目のツアー参加だった息子にとっても、いつも刺激的。

「僕、大学いきたいな~」とかいうようになるし(シメシメ)




今回は、自分で恥ずかしがりながらも質問していました。

「エンジニアリングをここで勉強したいんだけど、どうすればいい?」

デクスター君は、「まず自分が今一生懸命にやっていることを、しっかり続けること。なりたいと思い続けて、努力すること。そして、いつも自分が何に興味があるかを見極めること」というアドバイス。








ありがとう!デクスター君!

ファームとも呼ばれるスタンフォード大学は、その広大な敷地を目の当たりにするだけでも価値あり!

Walking Tourは毎日11時半と3時半開催。

予約なし!無料!

是非一緒に行きましょう。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です