大人気!シリコンバレーの代名詞ロボットキャンプ!

大人気!シリコンバレーの代名詞ロボットキャンプ!


こんにちは。

親子留学がゴールの英語教室講師、船山直子です。




息子が参加した、ロボットキャンプ。








面白かった~。




レポートしますね。




毎年シリコンバレー各地で開催されているロボットキャンプ。

たくさんのスクールがあって、どこを選ぶか迷った末、今回は毎日違うロボットを組み立てられる、EVロボットキャンプ。




9歳から13歳が受けられるコース。








なんだけど、5歳から8歳の子には違うコースがあります。

毎年、私の住むクパチーノ市では、近くの私立校を借りて開催されていて、通学もらくらく~車で5分。




9時から始まるキャンプでは、まず朝から先生の説明が始まります。




今日は何を作るか、デザインはどうするか。




そして、マインドストームを使って、トライシクルやトレーラーなどを作ります。

マインドストームって、モーターを備えたプログラムが組み込めるブロックや、センサー、レゴブロック、ギアや車軸、ビーム、タイヤと言ったレゴ・テクニックの部品の組み合わせのこと。








だいたいデザインができたところで、ランチタイム。




このキャンプにはお弁当が必要です。




あ、スナックも。たいていフルーツを持っていく子が多いんですが、最近フルーツだけだと嫌がるようになってきたので、グミとか、プリングルスの小さいのとかを持たせています。




注意は、このキャンプは「ナッツフリー」で、ナッツの入ったものは持って行ってはいけない、というルールがありました。




このルール。アメリカではよくあるので、ご参加される前に確認してくださいね。

ランチの時は、外で遊べます。








そして、ランチの後にプログラミング。

組み立てたブロックが、パソコンから信号を送ることによって、動くようにするんです。

男の子って、こういうの好きですね。








このキャンプは月曜日に4人からスタートしたんです。

息子が参加した8月の上旬って、もう公立校がはじまろうという時期。




だから、結構サマーキャンプが空きはじめるんですよ。




なんだけど、同じ場所で開催されている別のグループに参加していた子や、参加していた子の兄弟が参加したりして、水曜日には7人になっていました。




木曜日まで、さまざまな物を作り、金曜日はWater Play Day! そして、ロボテックのキットをもらって終了。

一度作ったものを、今度は自宅で作れるんですよ。








期間はだいたい6月第2週目から8月2週目まで。

地元の子供たちで込み合うのは、6月2週目から7月1週目。




日本の学校の夏休みあたりは、申し込み安いかもしれませんね。

1週間500ドルくらい。9時から3時半。

1月ごろには来年の申し込みを始められると思いますよ。

詳しく知りたい方は、最新情報はこちらでお伝えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です