【親子留学】我が子が注目の的になる!

【親子留学】我が子が注目の的になる!


こんにちは。




親子留学がゴールの英語教室オーナー、船山直子です。




先日、とても刺激的な体験をしたので、是非詳しく書きたいと思います。




息子の通う現地校で、International Nightというイベントがありました。








いわゆる学芸会を、親がすべて仕切って、出たい生徒たちが出るというイベント。

まだ渡米して1年たたない私たちは初めてのイベント。

人気のある割にこの催しを推進する実行委員会が集まらないという困ったところからのスタート。




でもね、私はぜひこのイベントをやりたかったのです。

クパチーノという私の住む場所は、アップルの本社がある街で、アメリカ人よりもインド人、中国人が多い地域。

こういう土地柄で、どんなイベントになるのか見てみたいじゃないですか?!








普段は比較的おとなしい子が多かったり、日本人以外の子供たちと友達になるのに苦労している子たちに何かスポットが当たるようなことができそう。

それに何より、楽しそう!

だから、人の集まらない実行委員会に友達もつれて飛び込んで、何とか人員を整え、やったことないイベントのリーダーをすることになりました。








委員会とは別に、同じ学校の日本人ママたちとも集まって、日本ブースと、ステージの両方に参加することを決め、ステージに参加する子供たちを募りました。

もちろん、うちのお兄ちゃんはステージに立ちたい派。

ダンスは親からはソーラン節を推す声も多かったのですが、子供たちは圧倒的に”USA”をやりたがったので、すぐに決まりました。








子どもでも踊れるUSAをアレンジして、ママたちは鬼コーチとして毎日厳しい練習(笑)




私は委員会として、出演者のプログラムを決めたり、長すぎるパフォーマンスを制限したり、当日の段取りを決めたりと走り回りました。




ステージは時間制限もあることから、毎年17グループまでだそうですが、あっという間に出演希望者で埋まり、参加国は1か国3グループまでという制限を何とか調整。




これがなぜ設けてあるかというと、生徒数500の小学校のうち、75%がインド人だから。




インドの子たちがドイツや、スイス、ネパールのダンスで出演したりするんですよ。




ステージから各国のブース、渡り廊下まで、装飾もママたちが担当。




日本人ママたちの器用な方々が、パパっと集まってくれて、それはそれは素晴らしい飾りつけが完成。

この3週間は、子供だけじゃなく、ママたちも本当に忙しかった=!!




キンダーから小学校4年生が混ざる混成チームで、よくここまでそろえられたな、というくらい、本番の出来は上々!








直子先生は、ステージでMCもつとめましたが、その場でウルウルしてしまうほどでした。

なぜUSAというタイトルの曲を日本チームが踊るのかについては、息子がスピーチ。

まだ日本人がアメリカに来ることが当たり前でなかった、70年代の日本とアメリカの関係について少し伝えたくて。








息子はもともとスピーチが苦手なほうではないのですが、最近とても自信をもって話すようになったのは、今の担任の先生のおかげなんです。




先日より先生が健康上の理由でお休みで、このスピーチしている姿を先生に送りたい!と思って練習しました。

でね、さらに私がうれしかったのはイベントが終わってからのこと。




英語がまだそこまでわからない、日本人の子供たちにとって、授業についていくのも大変だし、ほかの国籍の友達を作るって、しばらくはハードルが高いんです。

そんな子たちに、クラスメイト達が「ねえ、君は日本チームのメンバーなの?あのダンスかっこよかったよね」と言われたり、

彼らのダンスを見ていた先生から、ママに「日本チームのステージ、すごくよかったわよ」とメールが来たり。

息子は、知らない子にまで声をかけられ、「日本チームすごかったね。Come on baby Americaってどうやっておどったの?」と言われているそう。

子供たちが友達に「一目を置かれる」ことが、どれだけ重要か、ということを以前にもお話したことがあります。








今回のこのイベントが、そういうきっかけになって、子供たちの今後のアメリカでの生活に役に立ったら、本当にうれしいと思いました。




また、日本人ママに、あまり友達がいなかった直子先生も、このイベントをきっかけに皆さんととても親しくなれたこともよかった。

私と一緒に初めての、様々な責任ある大役に果敢にチャレンジしてくださったママたちにも感謝!

ママにとっても、子供たちにとっても、きっとこの日は今年のハイライトになるに違いない!!と確信しました^^







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です