バイリンガル子育て!水・金・地・火・木・土・天・海・冥を教えるかどうか

バイリンガル子育て!水・金・地・火・木・土・天・海・冥を教えるかどうか

こんばんは。

 

ハワイ親子留学がゴールの英語教室講師、船山直子です。

 

今月22の週は息子の学校でテスト週間!

 

ひえー!

 

いつもながらに広大な(笑)テスト範囲と、めちゃくちゃ汚い息子のノートに途方にくれています。

 

今週からは、通学の電車の中も習い事へ向かって歩いているときも、常にクイズを出しまくり、書かせまくり、です。

 

私も息子も、一緒にやってて楽しいのはScience、理科です。

 


 

 

 

 

 

 

 

これね、私の勉強になります。

 

たとえば、”What is the soler system?”を英語で答えられますか?

 

The Sun, planets, moon, asteroids, meteoroids, that revolve aroun the sun together make the solar system.

 

だ、そうだ。

 

へー。すっごい。

 

私は、この英語の表現の仕方に感心してしまった。

 

なんだか、面白くないですか。英語学習者としては。

 

また、もっと子供っぽい表現のクイズ。

 

Where do stars go during the day? 星は、昼の間どこに行くの?

 

これは、どんな風に説明するといいか、というと。

 

They remain in the sky . We cannot see them because of bright sun light.

太陽の光がまぶしくて、星が見えないけど、空にある。

 

おおおおお~

 

 


 

 

 

 

 

 

 

こういうのを息子の、きったないノートを確認しながら、自分で答えが書けるように練習をさせるんです。

 

テスト週間は、1日1教科のテストのみ、なので、お昼には帰ってきて、また次の日の勉強です。

 

バイリンガル子育てって、親子二人三脚じゃないと、なかなか実を結び始めません。

 

だから、ぐっと勉強しないといけないことも、大きくなると出てくる。

 

私が、工夫している(つもり)なのは、勉強=いやなもの、という意識を与えないこと。

 

こんなことわかったんだ!

 

おもしろーい!なんて自分が小学生だったころは、勉強=いやなもの、遊び=楽しいものとイメージを持っていたのも事実ですが、やってやれないことはない。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

今のところ、お兄ちゃんは勉強=面白いこともある、と思ってるように感じます^^

 

今少し悩むことといえば、息子の学校の教科書が日本の学校のとは違うから、日本方式でも教えるかどうか。

 

理科だったら、水金地火木土天海冥って、惑星の位置を私たちは習いましたよね。

 

また、九九もね。

 

しばらくは学校の方式で様子を見ながら、とは思っていますが。

 

家だけじゃなくて、カフェや道でも駅でもいろいろやってるから、もし見かけたら声かけてね^^

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です