子連れハワイ旅行2021年 最新情報^^

子連れハワイ旅行2021年 最新情報^^


おはようございます。

親子留学がゴールの英会話教室講師、船山直子です。

現在は家族とともにシリコンバレーに住み、外国人先生と日本人先生がダブルでがっちりサポートするオンラインの英会話スクールを主宰。

また、シリコンバレー・ハワイの親子留学をサポートをさせていただいています。




2020年は、もうだめかと思われたハワイ旅行。

なんとクリスマスから年末年始に実現しました!

毎年夏にハワイに必ず行くようになって、10年以上。

ついに連続記録が途絶える~、とあきらめてたんです。。

が、ハワイアンエアーにすれば、事前コロナ検査もできて




・コロナ陰性検査を出発72時間前以降に実施
・コロナ陰性結果を出発までに受け取る
・陰性結果、健康チェックアンケートを政府のサイトにアップ




という、必要なことが全部できることが分かったのです。

それで、渡ハが叶いました。

コロナ後、ハワイに日本から行かれる場合、是非航空会社とタイアップした、コロナ検査機関(もし検査がまだ必要なら)を調べてみてね。

アメリカでは、CVSやWalgreenといった大手ドラッグストアも

検査してましたが、この72時間まえ以降の検査。

出発までに検査受領

という二つをクリアできるところが

なかなか見つかりませんでしたので。

さてさて、今日はちょっと長くなりますが、

ハワイ旅行についてお伝えしたいと思います。

今回はクリスマス~年末年始という




本来のハワイであれば、ゴールデンタイムに行くことができました。

一番の思い出は何?と家族に聞いたら、全員一致して、これでした!

Horseback riding!

今日は、この乗馬を含むノースでの1日をご紹介します。




8:45 マリオット出発
9:30 Gunstock Ranch 集合
10:00 Horse back riding/ pony ride
11:30 終了、写真撮影など
12:00 GIOVANNI ガーリックシュリンプ
13:30 Shark Cove シュノーケリング




1.乗馬(Horseback riding) @ North shore








ノースショアが大好きな我が家。

ワイキキよりも、コオリナ滞在が好きで、いつもコオリナに滞在中に

必ずノースへ行きます。

毎年ハワイでの楽しみの一つが、息子の乗馬なのです。

なんと、子供でも一人で乗せてもらえて、

90分も馬に揺られながら、野山を歩き、海を眺めるという

素晴らしい体験ができるんですよ。








お子様が6,7歳くらいから、馬に乗れます。

息子はもう5回目かな?

それよりも小さいお子様がいる、という方には、

ポニーライドがありますよ。

今回、5歳の娘はポニーライドに挑戦しました。

乗馬できるポイントはいくつかありますが、ポニーがあるのは少ないので

事前にチェック。

そして、お兄ちゃんたちの乗馬と、ポニーライドを一緒の時間にできるかどうかも

要チェックしてお出かけください。








と、いうのも、乗馬は現地でも人気で、夏休みなどの期間には、

空きがないこともしばしば。

ハワイ出発前に予約されることをお勧めします。

今回は、コロナのため、ぎりぎりで取れました。

たくさん乗馬はしていますが、

対応が親切で、すっごくたのしませてくれるところがこの二つ。

Gunstock Ranch (ポニーもあります)

Happy Trail


もちろん、乗馬中は英語のみ!きっとこれもいい経験になります。

え?親も子供も英語が喋らない、、、という方。

ご相談ください。

こういったアトラクションでの会話は、限られるし、

危ないときの想定される会話も、事前にしっかり練習しておけば、きっと大丈夫。

予約のご協力などもしています。

子どもには比較的、賢くて穏やかなお馬さんをあてがってくれるのが常。

だから、安心して載せられますよ。

我が子は、兄妹ともに、動物が大好きで、ハワイに行くとなると必ず




I want to go horseback riding again. と言います。

ずっと小さすぎてのれなかった娘は、今年はポニーが乗れるとなって、大張り切りでした。

ポニーライド中も、ずっとお姉さんと話しまくりで、

降りた後は、ブラッシングや、エサやりまでさせてもらってましたよ。

親切なお姉さんに感謝!

さあ、この乗馬の場所は、カフクと呼ばれる場所にあるのですが、もうひとつ有名なのが、




2.ガーリックシュリンプ




たくさんシュリンプ屋さんが、軒を連ねています。

ガーリックのパンチの聞いたのが好きな我が家の、

一番のお気に入りは、ジョバンニ(GIOVANNI’s)。

こんなトラックで売ってます。








コロナだけど、元気に営業中。

座って食べる場所は、かなり数を絞っている代わりに

テイクアウトが増えているようで、相変わらずの繁盛ぶりでした。

ローカルに支持されるって、こういう時とても大切ですね=。

観光客激減していてこの人気はすごい!








ガーリックシュリンプを食べるぞ!っていう日は、お手拭きを持参されるといいですよ。

エビの皮をむきながら食べるのですが、どうしても手が汚れるから。

水道で洗えるところもあるけど、食べている間にちょっとふけるといいよ。








そして、もちろん手を使うので、サニタイザーは必須で持って行きましょう。

お店のコロナ対策で、前の方が席を立って、座るときには、

必ずテーブルを拭いてくれます。

いつも変わらないおいしさ!

ランチの後は、コオリナに向かって戻りながら、シュノーケリング。




3.シャークコーブでシュノーケリング




この日は、シャークコーブへ立ち寄り。

このほかに、ウミガメが上がってくる場所 ラニアケアビーチや、ハワイワ アリイビーチなどに立ち寄ってもいいですよ。

今回は、車からビーチチェックをしつつ、カメが来ていなかったので、

シャークコーブへ直行しました。

遠浅で、たくさん魚が見られるので、小さなお子様がいても楽しめます。

岩場もあるので、そこだけは注意。

我が家は、毎回シュノーケルセットを持って行くようにしていますが、

今回は忘れてしまったので、出かける前にハワイで購入しましたよ。

レンタルできる場所もありますが、足ヒレとゴーグルのセットだけで20ドル?とかするので、買ったほうが安いです。








1年半ぶりのハワイ。

コロナで島へ入るのに、いろんな準備がありますが、行ってよかった!

今は本当に観光客が少なくて、生き残れない産業もあると思います。

ハワイって、8割以上が観光業で成り立っていますからね。

失業する人が増えると、治安も悪くなります。

数年前からハワイの治安悪化については、懸念されていますからね。

自分の身は自分たちで守りながら、これからもハワイを守っていきたいとか、

思ってしまいました^^

コロナで外国人観光客目当てのものは、ことごとく閉まっているのですが、

現地の人も活用するものは、ちゃんと開いています。

ハワイへ行けるようになったら、ロコの人たちと同じようにハワイを楽しんでみるのはどうでしょう?

乗馬の様子は、Youtubeにアップしますので、また見てね!









PePe ENGLISH サービス一覧












シリコンバレーでの駐在生活や、バイリンガル子育て、親子留学最新情報はインスタグラムやラインで配信しています! 是非つながってください^^
Instagram
Add friend

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。